釣具インプレ

アマゾン高評価!ホントに使えるエギング便利グッズ10選!【初心者必見厳選アイテム】

エギング.net,

 

こんにちは。morishinです!
今回は、エギングにおける便利グッズを紹介していきたいと思います!

エギングシーズン真っ只中!今年からエギングを始めた人もいるでしょう。

最低限の装備で釣りが楽しめるのが陸っぱりエギングの魅力の一つです。
とはいえ、さまざまなシチュエーションを想定すると、必然と荷物が多くなってしまいますよね!

この記事では、morishinが独断と偏見で選び抜いた、エギングで持っておくと便利なグッズを10種ご紹介いたします。

エギンググッズがどのような場面で役に立つのかも含めて説明いたしますので、ぜひ最後までご覧くださいませ。

 

ホントに使えるエギング便利グッズカタログ!

エギング.net

1.エギング用バッグ

 

エギングを始めるならロッド・リールなどのタックルはもちろん、エギング用のバッグも持っていなければ話になりませんよね。

エギングでは、メインルームが広く、ロッドホルダーやプライヤーホルダー、フロントポケットがあるものが便利なバッグとなります。

メインルームにエギ用の収納があるものがありますが、後述のエギケースがあれば更に多くのエギを持ち運びできます。

 

おすすめ商品:ダイワ EMT(B) ヒップバッグ

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥8,103
(2022/10/02 04:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめポイント:メインポケットは中型のケースを2〜3個収納できる広さを持ち、ギャフホルダーにはランディングポールを取り付けられます。

フロントポケットにはエギマットがあるのでエギを手軽に収納できるのもポイント高いです。

Amazon評価:4.7 /5

 

2.エギケース

クリンチフラッシュブースト

エギを収納するためのケースで、ちょっとした時間でのエギングではエギケースのみを持ち運べば、荷物の負担が少なくて済みます。

エギが最低でも8〜10本入るものが良く、カラビナ付きのものであれば先述したエギング用バッグやベルトに取り付けられ、より手ぶらでランガンができます。

 

おすすめ商品:ダイワ エギケース エメラルダス エギホルダーT(B)

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥2,310
(2022/10/01 22:15:03時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめポイント: D環・カラビナが付いているのでベルトに取り付けられ、メッシュ生地ですのでエギを乾燥させることができます。

エギは最大20本も収納できるので、エギングバッグと合わせて使うと数多くのエギを持ち運ぶことが可能です。

Amazon評価:4.4 /5

 

3.ピック+ギャフ+カンナチューナー

 

ピックでイカを締めることで、生きたイカがイカスミを吐くのを未然に防ぐのに役立ちます。

ギャフはヌルヌルして素手で掴めないイカを引っ掛けて持ち運びするのに便利です。

カンナチューナーは、根掛かりした際に曲がってしまったカンナを元に戻すのに活躍します。

 

しかしこれらを一度に持っていくとなると、荷物がかさばってしまいますよね。

 

そこでピック・ギャフ・カンナチューナーの3点がひとまとめになったグッズがあり、これを持っていけば荷物の量に困りません。

 

おすすめ商品:タカミヤ リアルメソッド フォールディング エギングツール イカギャフ付き

おすすめポイント:イカ締めピックとカンナチューナー、イカギャフの3点が1つになったグッズで、大きさもポケットに入るほどのサイズなので収納も楽です。

Amazon評価:4.4 /5

 

4.イカ用デジタルスケール

 

釣ったイカの重さを量る際に必須のデジタルスケール。

使い方はエギのカンナに引っ掛かった状態のイカをそのままフックに引っ掛けて量ります。

イカの重さを量るだけではなく、ドラグの調整にも使うことができます。

 

おすすめ商品:ダイワ デジタルスケール 25kg 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥2,755
(2022/10/01 22:19:30時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめポイント:ラバーグリップで持った時に滑りにくく、ライト付きなので夜間でも測ることができます。カラビナ付きなのでベルトに取り付けられ、魚用・イカ用のフックが付属しています。

Amazon評価:4.3 /5

 

5.ルアーフックホルダー

ダイワ フックキーパー ルアーフックホルダー

画像:ダイワHPより

 

ランガンをする際にロッドにエギを引っ掛けたままにして移動すると、揺れでロッドやリールに傷が入ってしまいます。

そこで、ルアーフックホルダーでエギを固定してロッドやリールを守ることができます。

 

おすすめ商品:ダイワ フックキーパー ルアーフックホルダー

おすすめポイント:移動時のルアーやエギのフックを固定でき、ゴムリングでロッドに巻き付けて固定します。1個285円からのお値段で購入でき、カラーのラインナップも豊富です。

Amazon評価:4.2 /5

 

6.ノットアシスト

 

PEラインを何も道具を使わずに手作業で編み込むのはかなり大変で、時間がかかります。

そこでノットアシストを使えば難しいFGノットも楽に作ることが可能です。

 

おすすめ商品:第一精工 ノットアシスト2.0

created by Rinker
第一精工
¥3,036
(2022/10/01 22:19:31時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめポイント:この製品を使い、PEラインにリーダーをS字状に巻き付けることで編み込みが簡単に作れます。FGノットが短時間で結束でき、コンパクトに収納できるので荷物を圧迫しなくて済みます。

 

Amazon評価:4.4 /5

 

7.シンカー

 

釣り場によっては、潮の流れが早くてエギが思い通りに操れない、エギが軽すぎて深いところに沈んでくれないということが多々ありますよね。

そこでエギ専用シンカーをエギに取り付けることで、水深の深い場所や潮の流れの速い場所でエギを調整することができます。

 

おすすめ商品:ダイワ TGアゴリグシンカー

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥431
(2022/10/02 00:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめポイント:5g、7g、15gの3種があり、1個352円からとなります。

スナップに装着することで底取りがスムーズにでき、Gアイに装着するとフォール姿勢が安定します。

 

Amazon評価:3.8 /5

 

8.偏光グラス

 

日中でのエギング時における紫外線から眼を守るために使うだけではなく、視界を良くするのにも使えます。

海釣りにおいてはブラウンまたはオレンジのレンズが使われているものを使うと、視界のコントラストを高くして水中の地形やイカのシルエットを見やすくなりますよ。

 

おすすめ商品: ゼクー(タレックス)偏光サングラス 

created by Rinker
Zeque(ゼクー)
¥23,063
(2022/10/02 04:38:54時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめポイント:釣りはもちろんサイクリングや登山などのアウトドアにも使えます。

タレックスのレンズは大きさや視界の広さが良く、紫外線から目を守れます。ノーズパット付きモデルでは鼻からズレるのを防ぐこともできます。

 

Amazon評価:4.5 /5

 

9.ランディングポール

 

イカを釣った時に自身からイカまでの距離が遠く、無理に取り込もうとするとロッドが折れたりしてしまいます。

そこで伸縮自在なランディングポールを使うことで先端に取り付けたネットやギャフで簡単にイカをキャッチできます。

特に岩場などの足場の悪い場所でも安全にイカを取り込むことができます。

 

おすすめ:メジャークラフト ランディングネット ファーストキャスト ランディングセット

おすすめポイント:他のランディングポール製品には先端に取り付けられるツールが別売りなのが多く、一度に揃えるのが大変です。

そこでこの商品を購入すればポール本体とランディングネットが同時に手に入るので、探す手間も省けます。

 

Amazon評価:4 /5

 

10.手首用サポーター

 

長時間のキャストを繰り返すエギングにおいて、手首の負担は避けて通ることができません。

そこでサポーターを装着することで手首を安定させて負担を軽減します。

 

おすすめ商品:BraceUP 手首サポーター

おすすめポイント:丈夫なプレートが手首を固定して痛みを抑えてくれます。

手のひら部分がクッション生地なので衝撃から守られ、蒸れにくい通気性素材で不快感も軽減してくれます。

 

Amazon評価:4.5 /5

 

《エギングの便利グッズを揃えよう!》

 

ここまででエギングの便利なグッズを10種ご紹介しました。

バッグをはじめ様々なグッズが、あなたのエギングをサポートしてくれますよ。

特にギャフとカンナチューナー、ピックが一体化したグッズは、荷物のかさばりを防いでくれます。

 

今回ご紹介したグッズは持っていても損ではありませんので、エギングを始める方はぜひご紹介したグッズを揃えてください。

 

合わせて読みたい釣りグッズ特集

 

 

 

RELATED POST