釣具インプレ

【お助けリグ】漁師によるティップラン応用 。(ティップランプラス)

エギング.net

 

昨今のエギング用のエギのスペックは
3.5号で20~23g
4号で23~25g
が一般的です。

そしてティップラン用のエギは
3号で23g
3.5号で30~40g
あたりが一般的なスペックとなっています。

 

ティップランの場合、エギの重さで底をとり、その後素早く2~10回程シャクリ上げ、エギを中層で安定させてアオリイカのアタリをロッドティップでとり、電撃フッキングばりに掛けていくという釣りです。

ティップランの釣りではダイレクトにロッドアクションが餌木に伝わるので、イカに誘いがかけやすいのが特徴です。

【お助けリグ】漁師によるティップラン応用 。(ティップランプラス)

先日、漁師の師匠から、「お助けリグ」なるものを使ったティップランを応用した釣り方を教えて頂きました。

エギング.net画像:クレイジーオーシャン

お助けリグとは、ティップラン用のエギとは別に、上部にもう一つのエギを付けて釣るリグ(仕掛け)になります。

ちなみに、ティップランプラスとは、スパンカーで船を立ててティップランをすることです。

このお助けリグには専用の「お助けスイベル」という商品が発売されていたりします。

created by Rinker
オーパデザイン
¥497
(2022/10/01 21:10:32時点 Amazon調べ-詳細)

師匠によるお助けリグの解説では、ティップラン用のエギにさらにティップラン用シンカーを追加し60~80g程のウェイトを持たせるとのこと。

このエギの役割は

  1. リグを底まで沈めること
  2. シャクったときにイカにアピールすること

なのだということです。

そして一番重要なのが仕掛けを垂直に立てないと効果を発揮しないという点です。

 

このティップラン用エギにアシストリグ(お助けスイベル)を介してリーダーの間隔を1m以上とり、エギングで使用するノーマルエギ3.5号を付けます。
このアシストリグ側のノーマルエギのほうがメインでイカを誘う仕掛けです。

これは、ティップラン用シンカーを加えたエギの水中の姿勢が、アシストリグ側の水抵抗が影響して安定せず、寄って来たイカが警戒心を抱き、手を伸ばしにくくなるからだとのこと。(釣れないわけではありません)

そのために、近い位置にもう一つ、姿勢の安定したエギを付け、誘うことにより、興味をひかれたアオリイカが掛かる確率を上げているとのことでした。

実際に、漁師の師匠はこのティップランの応用でアオリイカを釣っていますので、とても効果がある釣法であると思います。

 

お助けリグの使い方

 

お助けリグの最大の強みは自然状況に左右されずらいという点です。

  • 風の強い・弱い
  • 潮の流れが速い・遅い

お助けリグではウェイトの調整をすれば、どんな条件でもティップランが成立します。
風の弱い日はスパンカーなしでもいけますが、風が強い日はスパンカーを使用したティップランプラスのほうが潮と同調させやすく有利ではあります。

お助けリグのアクション方法

 

基本、ティップランと同じで、底を取ったあとにシャクってアタリを待ちますが、お助けリグの場合は大きくシャクってアピール度を増すようにしたほうが釣果があがります。アクション後にリグを垂直に保ち、若干長めにステイさせることもキモです。

ステイ時間は5秒~10秒あたりが目安となります。

 

この釣法では普段のティップラン用スピニングタックルでも、できることはできるのですが、仕掛け全体が重くなるので、少し強めのタックルのほうが適しています。
基本、船の真下を攻める釣りなので、より重いリグを扱いやすいベイトタックルのほうが有利ではあるでしょう。

お助けリグ推奨タックルセッティング

ティップラン用のエギングロッドはミディアムクラスが使いやすいです。

リールはシマノだと3000番のハイギアが巻取りの速さ、重量的にも使いやすいですね。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥55,579
(2022/10/01 21:04:00時点 Amazon調べ-詳細)

PEラインは重いリグを操作するため0.6号がオススメ

リーダーは少し太めの2.5号が安心です。

三又サルカンはエギ専用の「お助けリグ」という商品があります。
この商品の良いところはサルカンに直接エギをセット可能なところ。

created by Rinker
オーパデザイン
¥497
(2022/10/01 21:10:32時点 Amazon調べ-詳細)

エギは安定度バツグンなエギ王Kシリーズがオススメ

ティップラン用エギは最強のエギ王TRで決まり

お助けリグ(ティップランプラス)には必須のウェイト

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥802
(2022/10/02 03:30:26時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

 

お助けリグはデカイカに特に有効で、1月~4月のデカイカシーズンにもってこいの仕掛けです。

私が釣りをしている九州西部では1月以降イカの数を稼ぐような釣りは難しくなってくるのですが、釣れればキロクラスのイカが期待できます。
まさにお助けリグが活躍してくれる時期なんですね。

ちなみにこのリグはリグの総重量が重いため20mよりも深場にて効果を発揮します。
15m~20m前後の水深であれば通常のティップランが有効ですし、それよりも浅場を狙う場合は岸からやるようにエギングをやるほうが効果的です。

 

お助けリグは漁師が十分に成果を出している釣法ですので、あなたも、冬の低水温期にこのリグでアオリイカ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

エギング.net

 

RELATED POST