釣具インプレ

(まとめ)クリンチフラッシュブーストは釣れない?!エギ徹底レビュー・夜効果実証

クリンチフラッシュブースト

発売以来、エギングゲームにおいて爆発的な人気を得ているシマノ社の「クリンチ フラッシュブースト」シリーズ。反射板と透明布が組み合わせられたボディが特徴です。

今回は、発売後、品薄状態が続く大人気なルアー「クリンチフラッシュブースト2.5号・3.0号・3.5号」のレビュー記事を書いていきたいと思います。

この記事では、(シマノ)クリンチの製品特長の紹介はもちろん、クリンチフラッシュブーストの使い方を紹介していきます。

あなたの心に残るアオリイカキャッチの一助となれば幸いです。

それではいってみましょう。

ステイ中もアピールし続ける次世代エギ

クリンチ フラッシュブーストは一般的な餌木とは異なり、ステイ中でもボディ内部にある反射板がキラキラと動き続けるのが特長です。

クリンチフラッシュブーストのラインナップ

サイズ 重量 沈下速度
2.5号 10g 4秒/m
3号 15g 3秒/m
3.5号 19g 3.7秒/m

カラーラインナップは

  • Fモテモテピンクカラー
  • Fライムブルーカラー
  • FパープルKカラー
  • FアボカドKカラー
  • Fキンアジカラー
  • Fケイムラエビカラー
  • Fブラウンエビカラー
  • Fオヨガセイワシカラー
  • Fピーチエビカラー
  • Fミカンエビカラー

など、全14色(ケイムラカラー6色)となっています。

セフィア クリンチフラッシュブースト3.5号の発売日

セフィア「クリンチフラッシュブースト3.5号」の発売日は2021年3月です。

フラッシュブーストは発売以降、全国的に売り切れ続出となり、どこの釣具屋に行っても「売ってない!手に入らない!」という状態が続いています。

クリンチフラッシュブーストを含め、フラッシュブーストシーグルやフラッシュブースト搭載ルアーは、メルカリやヤフオク・ラクマなどではプレミア価格で取引されているような状態ですね。

クリンチフラッシュブーストの特長

ボディサイズに最適化した大型フラッシングプレートを搭載

2.5号と3号、それぞれのボディサイズに応じてフラッシングプレートのサイズも最適化したものを搭載。そのため、よりしっかりとした光のアピール効果が期待できます。

参照:シマノHP

カラーラインナップにはスケルトンタイプと布張りタイプを設定。前者はアピール力の高い直線的な光が特徴的で、後者は光がディフューズされるためマイルドで、よりベイトフィッシュライクな、やわらかい光を生み出す特徴があります。

参照:シマノHP

クリンチ フラッシュブーストをインプレッション

ここからはクリンチフラッシュブーストを実戦投入して、使用感をレビューしていきたいと思います。

クリンチフラッシュブースト

キレのあるダートアクション

フラッシュブースト

クリンチシリーズの特長であったキレのあるダートアクションをこのフラッシュブーストでも継承しています。

ノーズが鋭く水を切りさくようなフォルムになっているのが見てとれますね。

ステイ中でもイカに強アピール

フラッシュブーストの最大の特長は、フォール中でもキラキラとイカにアピールし続けることができることです。

私のこのフラッシュブースト機構の使い所としては、水深のあるポイントでのロングフォールです。
一般的なエギの場合、シャクったあと、5~10秒後にアタリが出ることが多く、それ以上のロングフォールでアタリが出る期待は薄いのですが、フラッシュブーストの場合は30秒近くフォールさせていてもイカのアタリが出ます。

クリンチフラッシュブースト

クリンチフラッシュブーストは釣れない?イカがスレやすい!?

フラッシュブーストの最大の特長である、キラキラとアピールし続ける能力は、イカの気を引きやすく、やる気のあるイカには効果絶大なのですが、その反面、人が多い釣り場や、神経質なイカ相手の場合、なかなか釣果を上げることができないと感じています。

イカをサイトフィッシングで狙う際、クリンチフラッシュブーストで誘うと最初の数秒は興味を示してイカが寄ってくるのですが、その後、エギとの間合いを詰めてこないことが多々あります。
このことは秋の新子サイズやコロッケサイズが相手の場合、顕著に差が出ています。

「フラッシュブーストのアピール力は強い」というキモを意識して他のルアーとローテーションを組んでみてはいかがでしょうか。

 

How to クリンチフラッシュブースト

シマノ社によるクリンチフラッシュブーストの解説動画です。

この動画を見ればフラッシュブースト搭載のエギとはどのようなものなのか、安易にイメージすることができますね。

 

クリンチフラッシュブーストはオモリグでも秀逸!

フラッシュブースト

フラッシュブーストの最大の特長である、キラキラとアピールし続ける能力は、ケンサキイカにも効果的です!

オモリグであればクリンチフラッシュブースト2.5号が最適で、スッテとはまったく別物のアピール力を持っていますのでぜひ、ローテーションの一角に入れてみてください!

 

クリンチフラッシュブーストの極意

クリンチフラッシュブーストはこんな時に使え!!

クリンチフラッシュブーストは釣れない!?
否!使いどころを選ぶべし!

最後にファーストインパクトの強いクリンチフラッシュブーストの強みを発揮するシチュエーションを紹介したいと思います。

  1. ファーストインパクトの強さを活かしたラン&ガン
  2. ローライトコンディション時(朝・夕・夜・曇天の日)
  3. 夜の常夜灯の光や月の光がうっすらと水面に入っているとき
  4. 水深の深い場所でのロングフォール

この3点は私が1年間クリンチフラッシュブーストを使ってきて、釣果を伸ばすために導き出したものです!
ぜひこれを意識してクリンチフラッシュブーストを使用してみてください!

クリンチフラッシュブースト

フラッシュブーストのアピール力を意識してエギングができるようになれば自ずと釣果も上がってきますのでぜひチャレンジしてみてくださいねー。

 

漁師がおすすめするエギの選び方・使い方を徹底解説!

これまで色んなメーカーのエギを使いまくってきた漁師morishinがエギの選び方・使い方を徹底解説しています。要チェックです!!

 

RELATED POST