エギング釣果

釣具屋直伝!!初めての1杯目を釣る方法とは?!エギング初心者必見|ヒイカ・アオリイカ

エギング.net、ヒイカ、アオリ―

エギングを始めたものの、1杯も釣ったことが無い人は少なからずいますよね?

何回行っても釣れない
高価なタックルを買っても釣れない

 

あなたもそうなのでは?

 

今回は、1杯も釣ったことがない人のために、釣具店スタッフと現地のアングラーにインタビューを行い、釣るためのメソッドをまとめたので、ぜひ参考にしてください!

 

釣具屋直伝!!初めての1杯目を釣る方法とは?!

まずは釣具店スタッフにインタビュー!

 

筆者は愛知県半田市にある釣具店に行き、スタッフさんにインタビューを行いました。

 

アオリイカを1度も釣ったことがありません。どうしたら釣れますか?

 

初心者丸出しの質問に、スタッフさんは丁寧に説明してくれました。

以下、スタッフさんの説明です。

 

 

スタッフ
スタッフ
エギの動きに慣れることです。イカは頭が良い生き物なので、エギのフォームが崩れると抱いて来ません。

 

水中のエギの動きをイメージしながら釣りをすることが重要になってくるんですね。

 

スタッフ
スタッフ
しかし初心者にはそれが難しい。偶然に1杯でも釣れれば、それを元にトライ&エラーで釣果に繋げることができるかもしれませんが、0杯だとそれも出来ない。

 

女性スタッフ
女性スタッフ
高価なタックルを用意する必要もありません。
サイズ関係なく、1杯を釣るだけなら手持ちのタックルで大丈夫ですよ。

 

スタッフ
スタッフ
エギに慣れるためにも、アオリイカにこだわらず、最初はヒイカを狙っても良いかもしれません。
ヒイカ

 

“ヒイカは小型のイカで、
居たら比較的にイージーに釣れるイカですね。

3月でもギリギリ狙え、もちろんエギで釣れて、アクションもアオリイカと同じなら、私にも釣れるかも。

 

女性スタッフ
女性スタッフ
タックルもアジング、メバリング用でラインはPEラインに変えなくても問題無いです。

エギは1.5号と1.8号がおすすめです。

デザイン、カラーリングはお好みの物で、フォールスピードが遅い物を選ぶようにすれば良いです。

 

スタッフ
スタッフ
違いは軽くアクションすることです。

派手なアクションはせず、優しく、丁寧に。

ヒイカは小さいので、派手にやったら腕がちぎれてバラすことになりかねないです。

抱いたら向こう合わせのような合わせで大丈夫です。

 

女性スタッフ
女性スタッフ
ラインを張ることに意識をして、ゆっくりフォールさせます。
居たらすぐに釣れますよ!

 

とスタッフさんは丁寧に説明してくれました。

 

実践!初めてのヒイカエギング

 

愛知県半田市のヒイカスポットに到着。

時刻は22時。冷え込みます。

今回は一緒に来た、釣り未経験者にも挑戦していただきました。

 

 

アングラーは広範囲にポツポツといます。

 

お隣良いですか?

 

と両隣にご挨拶をして、釣りを始める。

挨拶をすることはマナーでもあり、お互いが気持ち良く釣りをする上で、重要なアクションとなります。

 

 

スタッフさんに言われた通り、ラインを張りながら、ゆっくりとフォールさせていきます。

着底したと思ったら、2回ほど軽くロッドを煽り、糸ふけを取りながら、再度フォールさせていく。

基本はアオリイカエギングと同じ動きです。

 

 

キャスト回数が増すことに、不安も増していく。

本当に釣れるのだろうか。

 

 

その時、隣に居たアングラーに声をかけられる。

 

釣り人
釣り人
ヒイカですよね?

 

はい。中々釣れないですね。

 

と答える

 

すると

 

釣り人
釣り人
ヒイカはここではなく、あっちですよ。

 

とアングラーは指を指す。

 

聞けば、キャストしていたところはシーバスが釣れており、シーバスはヒイカを捕食するので、ヒイカは逃げてしまうとのこと。

 

優しいアングラーは一緒にヒイカポイントに来てくれました。

 

釣り人
釣り人
地面を見てください。

 

とアングラーに言われ、地面を見る。

 

釣り人
釣り人
この黒くなっているところは、ヒイカの墨です。まだ新しいのでヒイカが居る証拠です。

 

 

これは嬉しい発見。

ヒイカが居ないところでエギングをしても釣れないことは分かります。

やる気が増してきました。

 

釣り人
釣り人
この辺はヒイカが居ると思うので、僕もやってみます。

 

とアングラーは言い、巨大なシーバスタックルを置き、小さなエギをメバリングタックルにセットし始めました。

 

 

アングラー1投目。

第1フォール後に、1度軽くロッドを煽る。

 

釣り人
釣り人
あっ。きました。
エギング.net、ヒイカ、アオリ―

 

理解が追いつかず、頭の中はハテナでいっぱい。

そんな筆者をよそに、水面から現れたのは、小さな水しぶきをたてる、可愛らしいヒイカだ。

 

 

本当に可愛らしい。

手のひらサイズのヒイカです。

こんなに簡単に釣れるのか?

と疑問に思うが、アングラーは実際に釣りあげた。

 

 

釣り人
釣り人
いたら釣れます。テクニックは特に必要ありません。フォールさせ意識すれば良いです。

 

と教えてくれた。

スタッフさんと同じように、アングラーもフォールを意識している。

 

 

筆者たちも高ぶる気持ちを抑え、キャスティング。

ゆっくりとフォールさせる。

着底したらロッドを煽って、再びフォールさせる。

 

 

すると未経験者が

 

未経験者
未経験者
ゴミがついたのか、わずかに重くなった。

 

と言いました。

エギにゴミがつくことは良くある。

しかしあげてみると、エギについているのはヒイカです。

 

 

2人揃って大喜びです。

するとアングラーに

 

釣り人
釣り人
まだそのまま、ヒイカに触らないで。

 

言われ、未経験者はヒイカを空中でキープさせる。

ヒイカはタイミングを見計らってか、勢いよく墨を吐いた。

こうして未経験者はヒイカを手にすることができた。

 

 

そんなやりとりを見ていた筆者のエギにも違和感がある。

わずかに重さを感じる。

どうせゴミだろうと雑にラインを巻く。

するとエギについていたのは、ヒイカです。

 

ヒイカ

 

エギで初めてイカを釣ることに成功しました。

本当に嬉しいです。

感動しながらも、3人はキャストを続ける。

 

 

2時間ほど釣りをし、釣果は3人で10杯程度。

 

釣り人
釣り人
オフシーズン手前で、この釣果は良いですよ。

正直、釣れるとは思いませんでした。まだ寒いのが良かったのでしょう

 

とアングラーは語る。

 

エギング.net、ヒイカ、シーバス

 

 

筆者は2杯しかあげることができませんでしたが、エギでイカを釣る感覚が少し分かった気がします。

この経験を生かし、アオリイカを釣り上げたいと思います。

 

今回のまとめ

 

エギングは焦らない。

 

特にフォールを意識した方が良いですね。

イカがいるところで釣りをする。

 

当たり前のことですが、初心者には見分けることが難しいので、素直に釣具店スタッフさんや周りのアングラーに聞いた方が良いです。

 

 

まだ1杯も釣ったことがない人も、今年はファーストアオリイカを釣り上げ、一緒にエギングライフを楽しみましょう。

 

実績が高いヒイカ用おすすめエギを紹介